備忘録

どうでもいいこと、けど忘れたくないこと

【MTSR】ついに無料アプリでiPhoneがMTRになっちゃう時代

 バンドのメンバーで話していた時のこと、うちのドラムの宮崎さんが「MTRのアプリ見つけてん〜」と。

 ちょうど、今の体制での音源を完成させた頃だったかな。レコーディングした音源が形になるにつれ、パートごとにああすりゃよかったと思う部分が出てきていて。もっと早くからどういうフレーズを盛り込むか決めておいて、いわゆる「プリプロ」を作っておく必要があるなぁと。そういう中でMTRの必要性を感じ始めているという背景がありました。

 で、そのアプリを見つけたと言われた時は「無料のアプリなんかどうせちゃちいやつでしょ」と特に気にしてなかったのですが、使ってるのを見て考えが変わりました。これ十分プリプロに使えるやん!と。

 

 つうわけで、ご紹介するのはコチラ。

Multi Track Song Recorder

Multi Track Song Recorder

  • Derrick Walker
  • ミュージック
  • 無料

 

f:id:sgmty1:20171211055828p:image

 起動するとこの画面です。操作はいたって簡単、左の「RECORD」で3秒カウントが入って録音開始、「STOP」で停止。右側の「PLAY」でプレイバックできます。昔懐かし(?)4トラックまでが一つの曲として収録できます。プレイバックで聴いてる最中に音量バランスを取ることも可能。 録り終わったら、家のマークから「Export」でDropboxなどに共有。m4aで書き出されます。バンドメンバー間での共有も楽勝ですね。途中のファイルは「Save Song」で保存していつでも呼び出せます。

 

f:id:sgmty1:20180106171243p:image

 家のマークを押して「Metronome」で上の画面に行きます。タップでテンポをとり、右下の「Preview」でメトロノームが鳴らせます。さらに、画面下部の「Metronome Enabled」をオンにすると、トラック録音時に任意のテンポでカウントインでメトロノームを鳴らしながら録音できます。

 ただ、一つのアプリでいろんな機能を搭載し過ぎたのか、残念ながらメトロノームの挙動は完璧ではありません、、、そこだけがウィークポイントですね。

 

 メトロノームを鳴らす場合や、多重録音するときには必ずイヤホンを使いましょう。iPhoneのマイクとスピーカーの音が両方入ってディレイがかかってしまいます。iRigやLINE6 SonicPortVXなどの外部デバイスを用いるのも手ですね。

 

 しかもこのアプリ、インストールすると共有メニューに表示されるので、ボイスメモをトラックに入れ込むことが可能なんです。これが一番のオススメポイント!

f:id:sgmty1:20180106172745p:image f:id:sgmty1:20180106172812p:image f:id:sgmty1:20180106172821p:image

 こんな感じ。なので、ふと浮かんだメロディに伴奏をつけたり、メンバー間で共有しているファイルに継ぎ足しなどがめちゃ手軽にできてしまうんですね〜。

 

 もちろんPC上で動くDAWとか、ハードウェアとしてのMTRに比べれば良くできたオモチャのレベルなんですが、スマホ一台しかもってない状態からのプリプロなどには持ってこいな一品かな〜と。

 ほんとにPC1台、スマホ一つで何も持ってなくても音楽が作れるって時代になったんやなぁと思っています。ってなレビューでした。

Multi Track Song Recorder

Multi Track Song Recorder

  • Derrick Walker
  • ミュージック
  • 無料