備忘録

どうでもいいこと、けど忘れたくないこと

カノン進行を語る

 どうやら、「コード進行 パターン」で検索してたどり着いた方がいらっしゃるようなので、そんなような記事を書いてみます。今回は前回の4536と同じぐらい定番の、カノン進行について。

 

 「カノン進行」とは、その名がついている通り、パッハルベルの「カノン」に用いられたコード進行のことです。 

www.youtube.com

 

 冒頭から、以下のコード進行を繰り返し、ヴァイオリンやヴィオラの落ち着いた音色がやがて華やかに展開していく曲ですね。

D - A - Bm - A - G - F#m - G - A ...

 これがカノン進行の原型です。Jポップでも非常によく使われています。特に有名なのがMr. Childrenの「終わりなき旅」。

www.youtube.com

 この曲はイントロからサビまでカノン進行をもとに作られた部分があります。順番を並び替えたり、メロディに合わせてキーを変えまくることで展開を与えているわけですね。

 

 4536の記事でも述べましたが、よく使われるコード進行は、その原型が美しく完成されていること以上に、それをあえて崩したらどうなるのか?というカスタマイズ性に魅力があります。なんてったってよく使われるから、被っちゃいますもんね。そこでミュージシャン達は色々趣向を凝らすわけです。

 パッハルベルのカノンはニ長調なのですが、#がついているとちょっとややこしいので、ハ長調に書き換えますね。

www.youtube.com

C - G - Am - G - F - Em - F - G ...

 これが原型。まず注目すべきは2つ目のコード(G)。ルート音を見ると、CGAG...となっています。アルファベットを順当にいけばCBAGとなっていてほしいですよね。これ音楽でも同じで、「順番に並んでいるものは耳あたりが良い」のです。

 ためしに、Gのコード(GBD、ソシレ)に含まれるBを一番下に持ってきて、オンコードにしてみます。

 

C - GonB - Am - G - F - Em - F - G ...

 

 どうでしょう。グッと力強く下がっていた以前に比べて、滑らかに音が流れていく感じですかね。曲の場面的に落ち着いた方がいいのか、それともドラマティックにした方がいいのかってところで、使い分けると良いでしょう。

 さて、順番に並んでる音が耳に心地よいならば、もう一箇所変えなければならないことがお分かりかと思います。

 そう、7つ目に入っているFが、Dに変わっていて欲しいところです。Fのコード(FAC、ファラド)にはDが入っていませんが、Dm7(DFAC、レファラド)という代理コードを当てはめることができます。構成音が近いので出来る技ですね。

www.youtube.com

C - GonB - Am - G - F - Em - Dm7 - G ...

 だいぶ滑らかになってきました。場合によっては、F - Emの部分がちょっと落ちすぎるということで、「ConE」というコードを当ててより柔らかい印象にすることもあります。いわばFとEmの構成音が合いの子になったものをあてたわけです。

 原型からは離れてきましたが、このようにベースが滑らかに下っていくように進行していく流れのことが、俗にいうカノン進行です。落ち着いた動きが日本人の感性によく響くのでしょうね。

 

 ここまでは、ハ長調の「ドレミファソラシ」の7音の組み合わせだけでやってきました。ここからは#や♭をつけたノンダイアトニックコードにも出てきてもらって、より実践的なコード進行にしてみます。でも基本は「ベースが順当に下る流れ」のままです。

www.youtube.com

C - GonB - B♭ - A ...

 はい、いきなり後半切っちゃいましたが。。笑

 冒頭の「C→B」の流れが半音なんですね。そのまま半音で下っていくと。。という発想です。B♭のあともAメジャーのコードをあてて、割と強引な進行になってますね。このあとDmに行きがち。Dmのクリシェ。

 

www.youtube.com

C - GonB - Am - E7 - F - ConE - Dm7 - E7 ...

 出た!黄昏のソ#!!みたいな。笑

 これもAmから半音下のG#を含むコードを突っ込んでみました。Em7はちょうどミソシレ、とGソシレを含んだコードなので代理がきき、さらにそのEm7をあえてE7に変えたことで登場できたわけです。...のところはこれまたAmに行きがち。

 

www.youtube.com

C - GonB - Am Am7onG - D7onF# - F - G ...

 ここまで「ラ#(シ♭)」「ソ#」を入れてきて、じゃあ「ファ#」はどんなタイミングなら入るの?って発想。途中の下線部Am Am7onGというのは半分のタイミングでコードチェンジしてくださいね。これはD7onF#で一旦白玉にしちゃいがち。

 

www.youtube.com

C - Bm7-5 E7 - Am - Gm7 C7 - F - Em A7 - Dm7 - G7 ...

 さあ、ややこしいコードも出てきて変えるとこ多くなってきた!って感じですね。下線部のところは半分でコードチェンジしてください。

 これどんな仕組みになってるかというと、まず基本の「ベースが順番に下がる」がありますね(C-B、A-G、F-E)。その下がったところのコードにいわゆる「ツーファイブ進行」を当てています。めっちゃややこしいのですが、単純に下がって行くだけじゃなくていちいち印象的な出来事がある、みたいな印象の流れですね。しかも最後のDm7-G7もハ長調のツーファイブなのでCに戻ってきちゃうという。笑

 

 てな感じで、この記事ではカノン進行をカスタマイズしてみました。逆にこのコテコテにカスタマイズしたやつでカノンのメロディ弾いても面白いかも?(和音的にバグって弾けないと思うけど)