備忘録

どうでもいいこと、けど忘れたくないこと

バンドはライブハウスを「選ぶ」立場にある

 うちの店長が、練習にライブにレコーディングにと精力的に活動するバンドさんにはよくこう言ってます。「ライブハウスに使われるバンドになっちゃいけないよ。バンドがライブハウスを使っていかなきゃ」と。もっともだなぁと思うわけです。

 ライブハウスがバンドを使う?っていうのは、ピンとこないかもしれません。でも考えてみると、演者以外のお客さんが1人とか2人とかのライブでも、ライブハウスは精算の時に「ま、もうちょっと集客頑張りましょうか」と言って次のライブをブッキングします。どうしてお客さんを呼び込むこともできないバンドに次々とブッキングかますんでしょうか。それ儲かるんでしょうか。ライブハウスの運営費ってやばそうですよね。水道光熱費、設備投資、人件費も。で、集客頑張りましょうってこっちに言う割に、ライブハウス側は近隣の人やネットで宣伝して集客頑張ってるんでしょうか。それについては、何年か前にロックンロール哲学者さんのツイートが発端で議論されています。

togetter.com

 実は、ライブハウスが集客努力をしなくても、バンドを出演させる努力さえすれば、儲かり放題です。放題とまで行かなくとも、最低赤字にはなりません。なぜなら、「チケットノルマ」という制度によって、ライブハウスは必ず黒字になる計算でバンドを出演させることができるからです。

 チケットノルマとは、イベントに出演するバンドさんに集客を委ねる制度のことです。だいたい¥1,500〜¥2,000のチケットを、1バンドにつき15枚ないし20枚は売ってくださいね、とライブハウスがお願いするわけです。枚数やチケットの値段はライブハウスによって千差万別ですが、ノルマの合計はだいたい3万円です。

 分かりやすく例で「1,500円のチケットを20枚売る」という計算にしましょう。バンドが20人呼べばノルマはクリアです。それ以上のお客さんがきたら、精算時にライブハウスからノルマを超えたぶんの報酬(チケット代の何割か×人数)がもらえます。もし20人のノルマを達成できなかったら、できなかったぶんの額はバンドから徴収します。まあ、お客さんを呼べないバンドが悪いですよねって構図。

 このお金の流れをよく考えて欲しいんですが、「お客さんが20人くる」の段階で、ライブハウスには¥1,500×20で30,000円が入ります。「お客さんが20人こなかった」としても、ノルマ未達成ぶんの額はバンドからもらうので、いずれにせよライブハウスには30,000円入ります。お客さんの数に関係なく一定の額がライブハウスには入ります。

 もちろん、お客さんが多いに越したことはないです。お客さんがドリンク代に落とすお金もライブハウスの利益になりますし、バンドとしてもたくさんの人に聞いてもらってライブが賑わえばそれがいちばんの幸せですから。ただ、ライブハウス側としては、呼び込めるかどうかわからないお客さんの数は二の次です。バンドさえ出演してくれたらとりあえず黒字になるんですから。で、世の中には悪い大人っているもので、その黒字になるロジックを利用して、お客さんが呼べなくてもとりあえずライブがしたそうなバンドをいくつもブッキングして、最低3万円ずついただくみたいなライブハウスも残念ながらあります。

 最近はそういうライブハウスをバンドの行動選択で淘汰していこうみたいな流れができつつあって、うちの店長の言葉もその一つです。ライブハウスが出演バンドさえもお金を落とすお客さんとして見ているのなら、バンド側も客として、ライブハウスを選ぶ権利があるはずですよね。

 ちょっと前に、海保けんたろーさんのブログがセンセーショナルなタイトルで話題になりました。

kntr.world-scape.net

 バンドからすると「はぁ?」とつい反撃したくなるタイトル&書き口なんですが、要はこれも、バンドがライブハウスへの出演をしっかりと「選ぶ」という考えを持つことで、悪い大人を業界から追放しようよってことを言いたいわけです。

 

 じゃあバンドにとって「ライブハウスの良い大人」って誰だ?というのは、最初のツイートまとめに戻りますが、バンドを「ビジネスパートナー」だと考えてくれている人のことです。

 バンドの悩みってたくさんあります。お客さんはどうやったらきてくれるか、良い演奏や良い曲はどうやったら作れるか、音源制作とか、レーベル入ったほうがいいのか。それに対してしっかり相談に乗ってくれて、動いてくれるスタッフさんないしライブハウスをちゃんと見つけていく。応援してくれる人がいるだけでバンドは頑張れるし、もっといいもの作ろうとしますよね。

 もちろんライブハウスだってその願いを全部聞けとは言いません。数多のバンドを見てきているのに、一つ一つ親身に動いてたら体が持ちません。ビジネスパートナーなんですから、「いつか売れる」なんつっていつまでも結果の出ないバンドはさっさと切ってしまえばいいし、相談事に対してズバッと切り込む目線があっていいです。

 具体的にいうと、何にでも期限や目標を決め込んでしまうといいですよね。「駆け出しのバンドさんですし、向こう半年間は毎月いい感じのブッキングに当てたいなと思うんです。でも半年後のライブで、お客さんが5人ついてなかったらそれ以降のブッキングは見送りになります」とか。期限や目標なんてバンドで決めとけよって話でもありますが、そこを考えないバンドマンがほとんどなので、現実を見せてあげるのもライブハウスの仕事の一つかなと。

 

 インターネットとかブログの記事が半永久に残るから、今やいろんな知識とか情報がバンドにも音楽業界全体にも知れ渡っています。その中で求められるのは、バンドにしろ個人にしろ「取捨選択」の能力ですよね。自分にとっていいものやいい環境を選んでそれを作り上げていく。その環境のなかに、ライブハウスやスタジオやレーベルっていうのがあります。バンドはそれをどう選ぶか。そこが重要です。